×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

腸閉塞とは

腸閉塞という病気がありますが、腸閉塞とはどのような病気なのでしょうか。腸閉塞とは、腸捻転とも言われ、腸管内容の肛門側への移動が障害される病気です。腸閉塞になると、お腹が張る感じがしたり、悪心、吐き気や便秘が起こるのが症状と言われています。腸閉塞の検査としては、血液検査や腹部X線、腹部超音波検査、腹部造影検査などが行われます。腸閉塞の診断は、これらの検査により簡単に行うことができますが、腸閉塞が発見された場合、それが、単純性なのか、複雑性なのか、それとも麻痺性なのかということの見分け方が難しいといわれているようです。腸閉塞になると、腸癒着を起こしていることもあります。腸閉塞の緊急時の応急処置としては、経口的な水分や食事の摂取は、腸管自体の閉塞があるため、絶対に禁止してください。これは、当然ですよね。必要な水分や栄養は、点滴によって、摂取しなければいけないので、できるだけ早めに病院に行って、治療を受けることが大切です。

腸閉塞の原因

腸閉塞になると、強い腹痛が起こることがありますが、そもそも腸閉塞はなぜ起こってしまうのでしょうか。腸閉塞が起こる原因としては、腸の外側に原因がある場合と、腸の内側に原因がある場合があります。腸閉塞が起こる腸の外側の原因は、腸が外側から圧迫されたり、ねじれたりする場合があります。これは、以前に腸閉塞の手術を受けたことのある患者さんが再発するケースに多いようです。そのほか、ヘルニアが原因で腸閉塞になったりすることもあります。腸閉塞の原因で、腸の内側に原因がある場合は、大腸がんなどによる腸閉塞があげられます。また、高齢者などでは、便秘などからくる腸閉塞もあるので、注意が必要ですね。腸閉塞の原因はいろいろ挙げられますが、腸が何らかの異物によって、閉塞されてしまっている状態ですから、腸の中に余分なものを貯めず、便秘などもきちんと普段から、予防することが腸閉塞にならないための対策と言えるのではないでしょうか。

治療方法

腸閉塞になると、治療が必要になりますが、腸閉塞の治療はどのように行われるのでしょうか。腸閉塞の治療は、ほとんど手術以外の方法で、完治するといわれています。食事や飲食を中止して、胃腸を休め、十分な補液を行います。症状が進んでしまっている場合は、鼻や口から管を入れて、腸まで届かせて、嘔吐の原因と待っている胃や腸の内容物を体外まで、汲み上げます。ここで、便秘が解消されれば、ひとまず安心といったところですが、腸閉塞になりやすい状態は続いているため、再発する可能性もあります。腸閉塞の手術は、お腹を切ることで、新しい癒着を作ってしまい、腸閉塞が再発する可能性が高くなってしまうため、なるべくなら腸閉塞での手術はしない方がいいようです。ただ、手術以外の治療を1週間続けても、効果が見られない場合には、手術しか治療の方法がないので、腸閉塞の手術を行ったほうがいいのではないでしょうか。腸閉塞のような症状に気がついたら、すぐに病院で検査を受けたほうがいいですね。

 

Copyright © 2008 腸閉塞の原因と治療法

【プライバシーポリシー】当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった
汎用技術を用いています。取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。